不動産ガチンコエンターテイメント

GOGO★うさ丸の不動産日記

シリーズ第1弾★「TATERUオーナーが、TATERUを一刀両断!」

エピソード⑪ TATERUオーナーがTATERU経営にモノ申す!(第2弾) 『資金調達先を分散せよ!』

更新日:

  皆さん、こんにちはー。 TATERUアパートに実際に投資してるTATERUオーナーの「うさ丸」です! 今日は、「TATERUオーナーがTATERU経営にモノ申す!」の第2弾をお届けします。   ■TATERUにモノ申す!② 『資金調達先を分散せよ!』     TATERUは、「西京銀行」と仲が良い。 TATERUは西京銀行と最強タッグを組んでいた。 その状況は、他の不動産会社と銀行との関係を超えていた。   (出典:Wikipedia) よくよく考えると、こんなに不動産会社と銀行とが仲良いとあまり良くない感じもする。。 但し、スマートデイズとスルガ銀行の関係とは全く違う。あれは劣悪。 そうではないけど、かなり、両者は仲良かった。 だけど、 正直に言ってしまえば、「西京銀行は冷静に進めていた」。 うさ丸も、西京銀行から、ローンを借りています。目の前で、TATERU担当者と、西京銀行担当者と打合せをしてました。 前も言いましたが、西京銀行は木場にローンセンターを置くだけで、そんなに本腰を入れていた感じはない。 どちらかというと、TATERUがうまく西京銀行を使って、鼻息荒く、けたたましく、最速スピードで経営を進めるために、 とにかく、西京銀行を焚き付けて、顧客向け融資を引き出すために、奔走していたというのが実感。   TATERUは、西京銀行への依存度が高過ぎる!!!!! 一本足打法は経営の安定性を低下させる。西京銀行だけに頼るのはもう辞めること!   というよりは、、、、今となっては、TATERUは、「西京銀行」と仲が良かったです。 もう過去形! 今となっては、西京銀行は「めっちゃ冷めてます」本当かどうかわからないくらい、冷めてる。   それは、こちらのニュースを見ればわかる! 西京銀行の平岡頭取は、NETIB-NEWSさんからのインタビュー(9/25)でこのように語っています。   (出典:NETIB-NEWS)

「TETERU改ざん問題」西京銀行・平岡頭取との一問一答

   

「A」は平岡頭取コメント

■Q TATERUの件で融資を行う際、改ざんの可能性は疑われませんでしたか。 ■A 保証会社もありますし、甘くなっているといわれればそうですけれども、預金残高については参考としか我々はあまり見ていないので。今回、1件発覚した分についても、我々は預金改ざんを見抜いたわけではなく、その他の属性も含めた部分でお断りしたものがそうだった、ということになります。 ■Q 今回発覚した1件以外に、ほかにもまだある可能性は。 ■A 可能性という部分はあると思うのですが、それは今、TATERU側が調査委員会をつくって調査していますので、それを待ってということになると思います。 ■Q TATERUの件は西京銀行のコーポレート営業部の管轄だったわけですが、コーポレート営業部の今後については。 ■A アパート融資は福岡を中心にやっているのですが、福岡の人口が増えているのと、昔と違って今は中高年などのお1人の方でもアパートに入られる方が多く、需要はあります。ですが、実質実入りでいいますと、全部保証付きですから、意外と利ザヤが少ない。リスクはないですが・・・。そのため店舗の統廃合とか、人も減らしてきていて、いずれにしろなくなるからそろそろ減らしていく方向だろう、という考えはもっています。 福岡でのTATERUのアパートは、割と評判が良いと我々は認識していますが、それ以外のところはもう全部やめています。地元のアパートについては、2004年12月に原則やめていて、それ以外の大手との提携も、昨年の夏ぐらいにやめています。唯一残っていたのがTATERUだけです。 ■Q 西京銀行の今の事業の柱は。 ■A 事業の柱といえば、地元・山口の中小企業への融資ですね。これが、地方銀行の存在意義ですし、そこがないと預金は集まりません。
(出典:NETIB-NEWS) 平岡頭取のコメントはまだ続きます。続きは下記リンクからご覧ください。 https://www.data-max.co.jp/article/25089   あたかも、「TATERU事件」は、自行とはあまり関係の無いですよー的なコメントになってる。 冷たいなーー。今年8月まではあれだけズブズブの関係だったのに、あれだけの事件が起こった後では、ビジネス上は仕方ないかな。 山口県周南市に本店を置く第二地銀の西京銀行は、2005年には、西京銀行とライブドアが共同出資でインターネット専業銀行「西京ライブドア銀行」を設立することを発表。 西京銀行が51%、ライブドアの完全子会社が49%を出資して銀行設立準備会社「西京ライブドア決済企画」を東京に設立し、年内にも銀行免許を取得するつもりでしたが、いろいろな経緯があり破綻してしまったんです。 「地銀は大体、横並びでつまらない銀行ばかり」ですが、「骨のある気概ある面白い地銀!」 まして、地方の山口県からそういうことを企てようとは驚きですが、山口県は、明治維新の時代は、「吉田松陰」「伊藤博文」「高杉晋作」を輩出してるので、さすが山口県というところもあるのかもしれません。(→特に事件との絡みもないですし、勝手ならがのコメントですねー笑笑)   (出典:偉い人たち)   まー、話しは戻して。 TATERUは、実は、西京銀行を軸としつつも、他にも優良地銀メンバーをローンメンバーに加えていたんですね。 こちらが、今回のサラリーマン大家、個人投資家の不動産投資を先導した地銀のスターメンバー!  

TATERUがよく使う親密行

  西京銀行 オリックス銀行 千葉銀行 横浜銀行 武蔵野銀行 りそな銀行 埼玉りそな銀行 西武信用金庫 東日本銀行
  ですが、TATERUは、いろいろな個人投資家に対応したローンを引き出すために、西京銀行以外にも幅広く銀行ラインナップを揃えようとしていたけど、結局「西京銀行」中心軸経営からは脱却できなかった印象。。 土地の仕入れ部隊のリーダーも、結局は「西京銀行が融資を出せるかどうか!?」が最大の懸念事項であり、それ以外のオプションを見いだせない状況でした。     経営とは、リソースの分散が前提。 どのような経営資源、利益源泉でも一極集中はリスクに直結します。 急成長の中では難しかったと思われますが、今一度、立ち止まって、 資金調達先の分散について検討してみても、遅くないと思う! 是非、ご検討ください。   こう書いているとだいぶ僭越ながらのコメントになるかもしれませんが、 TATERUオーナーを一部代表して書いているつもりです。   少しだけでも良いので、一TATERUオーナーの言い分でも勘案してください。     ではでは、今日も最後まで読んでくれてありがとう~。 また、皆さんと次の投稿で会えるのを楽しみにしてまーす! いつでも楽しく不動産について話していきましょうー。 では、次回の投稿でまた会いましょう―♪    

Sponsored Link

新規の投稿をメールでご案内します♪

-シリーズ第1弾★「TATERUオーナーが、TATERUを一刀両断!」

Copyright© GOGO★うさ丸の不動産日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.