不動産ガチンコエンターテイメント

GOGO★うさ丸の不動産日記

シリーズ第1弾★「TATERUオーナーが、TATERUを一刀両断!」

エピソード⑦ シノケンとTATERUを徹底比較!次代を切り開く真のリーディングカンパニーに相応しいのはどっちだ!! (Part.1 会社)

投稿日:

 

 

  

こんにちは!うさ丸です。

前回の投稿から数日経過してしまい、すいませんでした。

サラリーマンブロガーのため、仕事が忙しくなると急に投稿できなくなりますが、その間、投稿したいネタが10個くらい頭に浮かんできました。

どんどんブログを書いていきたいと思います!

 

さて、前回、TATERUのライバル、シノケンについて比較しますと言いましたので、さっそくTATERUとシノケンについて話していきたいと思います。

 

うさ丸は、不動産投資を開始する際に、TATERUの営業マンとも、シノケンの営業マンとも面談し、実際に不動産投資提案書を説明して貰いました。

結論としては、TATERUをチョイスして、投資を開始しています。

だからと言って、TATERUをおススメするつもりはありません。あくまでもニュートラルに体験談と共に2社の分析を進めていきたいと思います。

不動産投資や株式投資は自己責任ですので、あくまでの参考情報でお願いします。その代わり、うさ丸は感じたままをズバリ書いていきます笑!

この2社については、不動産投資を考えた人なら、一度は調査されたかもしれませんね。不動産投資をこれから始める人は必見ですよ笑笑。

 

まずは2社の会社概要です!

■TATERUとシノケンの会社概要

・シノケンは、TATERU設立の2006年よりもずっと前の1990年に設立されている同じ福岡出身の大先輩です。

・TATERUはアパートのみだけど、シノケンはアパートの他、マンション建築、さらには、介護事業、海外事業なども幅広くやってます。

・TATERUは東京の一等地に本社を移転しましたが、シノケンはまだ福岡が本社です。

・TATERUの社員の方が、めっちゃ若い!

・従業員数は、シノケンが8人になってますが、これはホールディングカンパニーの社員数です。グループ全体では866名(平成29年12月末時点)です。

・TATERUの方が、東証1部で信用性が高い。

・給料は、同じレベルです。

 

続いて、主要な経営指標です!

・決算期は仲良く一緒で、売上高はシノケンが1000億円超、その他指標も先行してきたシノケンが上位です。

・但し、ここで注目すべきは有利子負債がシノケン485億円に対して、TATERU50億円と圧倒的に負債が少ないことです。自己資本比率が高く健全経営で、その他ROE等の各指標もTATERUの方が良いです。

・また、ここには記載してないですが、今年第2四半期ベースで、TATERUには188億円、シノケンには286億円の現預金があります。販管費がTATERUは昨年58億円、シノケンは98億円かかってますが、多少の問題が起こって売上がストップしても当面は資金に困らなそうです。但し、契約等で集団訴訟が起こり、損害賠償請求とかあったら、急に資金が減少するかもしれませんが、まず大丈夫でしょう。

会社概要といい、経営指標といい、どっちが悪いと言うほどの差は無いですね。

では、次回以降で、定性的、定量的に、どこの指標でも書いてないような情報で比較してみましょう笑笑。

(次回と言いつつも、可能であれば、エピソード⑧は、今日のお昼頃までに、投稿します!サラリーマンなので急に上司に呼ばれて投稿が少し遅れたらごめんなさい(;・∀・)

Sponsored Link

新規の投稿をメールでご案内します♪

-シリーズ第1弾★「TATERUオーナーが、TATERUを一刀両断!」

Copyright© GOGO★うさ丸の不動産日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.